PAGE TOP

引っ越しの場合、ガスコンロを気にかける必要があり

引越しの関連情報のまとめ

引越しに関連する情報をまとめました!正直、内容はあんまり自身ありませんが、何度も経験した上で大事な点を紹介しています。

引っ越しの場合、ガスコンロを気にかける必要があり
引っ越しの場合、ガスコンロを気にかける必要があります。
それは、他の物と同じではなく、ガスの元栓をストップしてからでないと駄目だからです。それに加え、ホースや器具にわずかにガスが残っていますので、タバコを吸わないのは当たり前の事、お部屋の窓等をおおきく開き、換気しておくことが願わしいです。

引っ越しが終わったら、最初にネット回線を開設しなければなりません。今まで契約していた会社を使用できればいいのですが、引っ越した先によっては今使っている会社を使うことができない場合があるので、引っ越す前に調べておくことが大事です。
ネット回線会社に照会してみると、答えてくれる場合もあります。近距離の引越しの時は、大きい引越しの業者よりも、地元密着型の引越し業者がよりいいときもあります。
地元の引越し業者は、料金が手ごろで細かい要望にも応じてくれるところが多いです。
また、自分で運ぶことができる荷物は自分で運び、大型家具や家電のみ引越し業者に頼むと、引越し料金を節約できる可能性があります。



引越し業者に指示を受けると思いますが、引越しの前日には、引越し時に持っていく冷蔵庫の電源は抜くようにしておきましょう。

何でその必要があるかというと、冷凍庫に付いた霜を溶かして、溜まってきた水を取り除くことが前もって可能だからです。



あらかじめこの処理をしておくことで、冷蔵庫を運ぶ際に、他の荷物に水が掛かってしまうことを防ぐというメリットがあります。どんな引越しの場合でも、荷物をダンボールに詰めていく作業は面倒に思えても、必ず行わないといけないことです。コツをひとつあげるなら、重いもの、壊れやすいものは小さなダンボールに、軽くてかさばるものは、大きなダンボールへ詰めるようにするということが、何気に重要です。また、ダンボールには詰めたものの名前だけでなく、引越し先の運ぶ部屋まで記しておくと引越しのときに、自分も業者も助かるはずです。
引っ越し業者に頼む場合でも、自分でできるだけ梱包を行っていれば、比較的、引っ越し料金を節約できます。

それに加えて、当日、引っ越しに掛かる時間も短くなり、ほかの行動に移れるようになります。

CMや公式サイトなどですべてお任せくださいと喧伝している引っ越し業者でも実際にはいろんなプランが用意されてますので、自分でプラン内容をしっかり調べてみることをおすすめします。引越しのために荷物をまとめる時に皿とかグラスなど、雑貨で割れやすい物はタオルや洋服等で、包んでパッキングします不要な雑誌や、新聞紙もいいですが、思ったより量が多くなり、処分することが大変です。引越しが終わると、多くの空のダンボールが出ますし、そのうえ紙くずも出ると予想以上にスペースを取ります。



今回、引越しをする予定が固まったとき、住民票の処理は早めにしておくよう心がけていました。

まず、私が転出届の手続を行って、主人のほうが、引越しの当日中に転入届を転入先の役所へ、提出できるように段取りして引越しを行いました。

他にも引越しのときには多くの手続きや処理が必要なので忘れないようにちゃんとリストにして「見える化」しておいて、計画的にひとつひとつ行っていくことが大事では、と思います。


昔からの夢だった一軒家の家を購入しました。



転居の前にそれぞれの部屋にクーラーを設置しなければなりません。


必要なクーラーの数は四つ、なかなかの支出です。
それでも、大型量販店で一度に四つ買うからと依頼すると、大幅に値下げしてくれました。



考えていた費用よりも、大幅に安くすみました。


引っ越しを決める前に相場を知るという事は、かなり重要なことです。

妥当だと思われる値段を把握しておきますと、吹っ掛けられる場合も対処できます。
ただ、年度末の雑多な時期であれば、値段が高騰することが予想されますので、余裕をもった予約をお勧めします。


関連記事